女医

誰の体にも潜んでいる癌は初期段階で確保せよ

早期に発見して正しく治療

診察室

脳動静脈奇形は人それぞれ症状や重篤度が異なるので、その症状や度合いを確認して治療方法を決める事が必用です。放置しておく事で悪化する危険性がある為、出来るだけ早い段階で治療を行う事が大切であり、術後の管理も重要になります。

読んでみよう

いかに早く発見出来るか

痛がる女性

少しの違和感も見逃さない

癌というのは、日本だけでなく全世界において怖い病気のひとつです。死因になることも多く、今では二人に一人が癌になる時代です。近年では医療技術が発達して様々な治療方法が誕生していますが、それでも初期の段階でいかに早く発見できるかということが、最も重要であることには変わりはありません。実際に、ごく初期の段階で発見できた場合には、どの癌であっても生存率が高い傾向にあり、それ以降は急激に生存率が低くなっていきます。すべての癌が初期の段階で発見できることが望ましいですが、多くの癌においては初期症状が分かりづらく、発見が遅れることが多いです。そのため、まずはそれぞれの癌の初期症状を知ることが大切であり、少しでもそれらに当てはまる場合には速やかに医療機関へ相談することが重要です。

周りと協力することも大切

基本的に癌の初期症状は分かりづらく、最も多いのは、風邪などの別の病気と間違えることです。特に風邪程度であれば医療機関へ行かない人も多く、仮にそれが癌であったとした場合には発見が遅れてしまうことになります。このように、自分一人では判断しづらいことが多いので、常に周りの人々が違和感に気付くことが出来る環境を作っておくことが効果的です。自分では違和感は無いと思っていても、外から見ると違和感に気付くことがあるので、周りの目というのは大切なものです。他には、定期検診を受けることや、定期的にセルフチェックを行うことも効果的です。定期検診では出来るだけ隅々まで検査してもらうようにし、また次回の定期検診までの空いた期間には、自分或いは家族などでセルフチェックを行うことによって、癌の早期発見に努めましょう。何事も日頃の継続的な行いが、発見しづらい癌の初期症状の発見に繋がります。

高齢者と会社勤め

頭を押さえる女性

都筑区内で高齢者専門の内科をはじめとして、往診を高齢者専門で行っている医療機関もあるため、参考するといいでしょう。仕事をしながら治療を行うためには、駅やバス停から近い距離にある場所を見つけることが重要な場合もあります。

読んでみよう

治療が困難なすい臓の癌

頭を抱える男性

50歳を超えると発症率が高まるすい臓がんは、消化器系のがんの中でも特に治療が難しいとされる恐ろしいがんです。初期の自覚症状が殆どないのが特徴ですが、進行することで背中が痛くなったり糖尿病を発症します。これらの症状が出た際には、速やかにすい臓の検査を受けるようにしましょう。

読んでみよう